【図解】【三井住友DS投信直販ネットの始め方】口座開設の方法を35枚の画像で徹底解説‼︎

 

三井住友DS投信直販ネットは、SMBCグループの資産運用会社である三井住友DSアセットマネジメントが運営する投資信託の直接販売サービスです。

 

こんな疑問にお答えします
「投資信託は詳しく理解していないけど、三井住友DS投信直販ネットの口座開設方法が知りたい‼︎」

「口座開設はどれくらいかかる?めんどくさくない?教えて欲しい‼︎」

という方は全員集合です!もう、このブログで分からなければ諦めてください!笑

 

投資信託の直接販売会社の三井住友DS投信直販ネットの始め方をチョー初心者でも100%わかるように解説します!

 

三井住友DS投信直販ネットの口座開設は”たったの2ステップ”です!約8分で申し込みが完了します!その他、PC・スマホ上で口座開設手続きが完結し、印鑑や郵送が不要です。さらに、口座開設・口座管理手数料が無料ですので、まとめてやってしまいましょう!

 

本記事の内容
1.三井住友DS投信直販ネットの口座開設方法

2.本人確認書類・マイナンバーの登録

 

 

1.三井住友DS投信直販ネットの口座開設方法

まず、必要書類をご準備ください。本人確認書類(免許証等)とマイナンバー(通知カードでも可)です。

では、見ていきましょう。まずは、口座開設の申し込みです!

下記のリンクより、三井住友DS投信直販ネットの公式ページに行きます。
三井住友DS投信直販ネット公式ホームページ

 

公式ページの中にある『無料で口座開設』をクリックすると、申込画面になります。

 

『インターネット上で今すぐ口座開設』をクリックしてください。

 

その次は個人情報の入力です。

 

全て入力が終わると、『未入力項目あり』が『次画面へ』に変わりますのでクリックです。

 

入力した内容の確認です。

 

『次画面へ』をクリックすると、仮登録完了です!

仮登録がすると、【三井住友DS投信直販ネット】各種申込再開URLのお知らせというメールが届きます。チェックは必須ではないですが、見ておきましょう。

 

 

さて、仮登録が完了すると、次は下図のような画面になります。

下にスクロールしてください。

 

そうすると、次は住所などの入力です。

必須項目を入力していきましょう。

 

まずは、郵便番号を入れて住所を入力していきます。

郵便番号は半角で入力、住所欄は全角で入力ですのでご注意ください!

 

続いて、銀行名の入力です。

振込したりする自分の銀行口座を入力していきます。銀行名・支店名は「◯◯銀行」、「◯◯支店」までしっかり入力してください。

登録する口座は、メインで使ってる口座がわかりやすいですかね。もしくは、資産形成用の口座や貯蓄用口座がある場合は、そちらを登録するもの良いと思います。

 

口座種別は、下図の通り源泉徴収ありの特定口座(源泉徴収口座)で申し込みが一般的です。

面倒な税金の計算や確定申告が不要になります。

 

 

口座種別を選んだ後は、投資目的の選択です。

項目が4つありますが、1番考えに近いもので大丈夫です。選択した項目で取引する幅が小さくなったり、手数料が高くなるなんてことは一切ありませんので、ご安心ください。(ただし、1番下の元本の確保を選択すると、口座開設・取引はできないのでご注意ください。)

 

 

投資目的を選択したら、取引の動機や自分の保有している金融資産、資金性格(その持っている金融資産は余裕資金ですか?給料ですか?相続で得た資金ですか?という意味です)、年収をザックリでいいので入力していきます。

反社会的勢力に該当しない場合は、下図1つ目の◯のところにチェックを入れます。

口座開設および取引にかかる重要な事項を読み下図の2つ目の◯にチェックを入れます。

 

 

下図のように項目を1つ1つ確認して、チェックを入れていきます。

NISA口座は他の金融機関でまだ1つも持ってない方のみ申し込みできます。

NISA口座は税金の優遇メリットがあるので登録しておいた方がいいです。

 

マイナンバー・本人確認書類等の提出方法ですが、アップロードするか郵送するかどちらか選択できます。アップロードの方が手続きがスムーズにいくのでおすすめです。

 

 

全て入力が完了すると、『未入力項目あり』が『申込確認』に変わりますのでクリックです。

 

申込確認をクリックすると、口座開設申込確認画面が出てきますので、下図の『口座開設』をクリックです。

 

 

下図の画面が出たら、ステップ1の口座開設完了です!(この段階では、口座開設の申込が完了しました。手続きはまだ完了してないです。

本当にお疲れ様でした!少し休んでください!休みが入らない方はあと数分で終わりますので、一気にステップ2も終わらせちゃいましょう!

 

 

口座開設が完了すると、自動的に3通メールが届きますので、これは必ず確認しておきましょう。

 

マイナンバー登録用IDとパスワードはメモしておきましょう。

 

 

2.本人確認書類・マイナンバーの登録

さて、ここからステップ2の本人確認書類・マイナンバーの登録です!

【三井住友 DS 投信直販ネット】マイナンバー登録URLのお知らせメールのマイナンバー登録URLからマイナンバーと本人確認書類を登録します。

下記のメールを開いてリンクをクリックです。

 

そうすると、下図の画面が出てきます。

一時ログインIDとパスワードを入力します。(先ほどのメールに記載あり)

 

 

ログインをすると、個人番号の利用目的や告知についての利用同意がありますので、『同意する』をクリックです。

 

基本情報の確認をします。

間違いなければ、『次画面』をクリックです。

 

 

続いて、本人確認書類とマイナンバーの登録です。
本人確認・マイナンバー書類の一覧

最初に用意した本人確認書類(免許証など)とマイナンバー(個人番号カードや通知カード、住民票の写し)を準備してください。

自分が持っている書類の画面をクリックします。(ここでは、通知カードで登録実施)

 

上図のように画面をクリックすると、下図の画面が出てきます。

登録する本人確認書類(ここでは、運転免許証)の画面をクリックです。

 

上図のように免許証の画面をクリックすると、画面をアップロードする画面が出てきます。

 

登録(アップロード)をクリックしアップロードしてください。

基本、表面のみでOKですが、裏にも変更後の住所が記載されている場合はアップロードします。

 

マイナンバーの登録(アップロード)ができたら、続いて本人確認書類(免許証等)のアップロードです。そのまま下にスクロールすると、画面が出てきますので、同じように登録(アップロード)です。

 

2つの登録(アップロード)が終わったら、『登録』をクリックです。

『登録』の前にチェックポイントを読み、不備のないように注意しましょう。

 

『登録』をクリックすると、「通信中」という画面が出て、その後下図の画面が表示されます。マイナンバーを入力して、『確認』をクリックです。

 

最後に、入力確認して『完了』をクリックです。

 

 

登録申請の完了画面が出てきたら全て終了です!!

 

登録申請の完了と同時に【三井住友DS投信直販ネット】マイナンバー登録手続きを受付けましたというメールが送られてきますので確認しましょう。

 

ここまで終わったら、本人確認書類等の確認が完了次第、完了の案内が転送不要簡易書留郵便にて届きます。口座番号と初期パスワードでログインしていきます!

そこから取引開始です!

 

郵送書類到着後のログイン方法は下記リンクで解説しています!
【図解】三井住友DS投信直販ネットのログイン方法を解説‼︎

 

以上です。

本当にお疲れさまです。三井住友DS投信直販での始め方の解説を終わります。

もし、画面と違う等あれば教えてください。ご対応いたします!

今回も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。1つの情報になればと思っています。

本当にお疲れさまでした!