投資信託のおすすめは?『国内株式』投資信託の資金流入ランキング”ベスト10”はこれ!

 

こんにちは、まっちです!

今回は、投資信託の国内株式ファンドを対象に、この1ヶ月間の資金流入のランキングを発表します。

「コロナの状況下でどのような投資信託が買われているのか、注目されているのか。」がわかります!

 

では、見ていきましょう!

国内株式型ファンドの1ヶ月の資金流入ランキングがコレ!

2020年の5月末時点を基準に、1ヶ月間の資金流入(購入)が多かったファンド上位10ファンドを発表いたします。

さて、どういった投資信託がランクインしているのでしょうか?

5月末時点での1ヶ月間での資金流入ですので、これからの判断材料としては、イマイチなところもありますが、次に購入する時の判断材料として、参考になればと思います。

 

国内株式型ファンド1ヶ月間の資金流入ランキングベスト10
順位ファンド名資金流入(億円)
1フィデリティ・日本成長株・ファンド+28.11
2トヨタ自動車/トヨタグループ株式F+11.56
3eMAXIS Slim 国内株式TOPIX+10.80
4DC国内株式インデックスファンド+10.30
5DCつみたてNISA日本株インデF+9.28
6年金積立 Jグロース+9.21
7One DC 国内株式インデックスF+9.14
8DIAM国内株式インデックスファンドDC+9.12
9DC日本株式インデックスファンドL+9.11
10年金インデ日本株式(TOPIX連動型)+8.29

(参考:モーニングスター、日本経済新聞)

圧倒的に、フィデリティの日本成長株ファンドに資金が流入していますね。これはあくまで私見ですが、販売会社がとても多いため、銀行や証券会社で注力して販売していたこともあるでしょう。その結果、この投信に資金が大きく流入したということも考えられます。

 

運用方針は◎です。個別企業分析により、成長企業(市場平均等に比較し成長力があり、その持続が長期的に可能と判断される企業)を選定し、利益成長性等と比較して妥当と思われる株価水準で投資します。TOPIX(配当込)をベンチマークとし長期的にこれを上回る運用成果を目標としています。

フィデリティは優秀な運用会社ですので、信頼できますし成績も良いです!

 

おすすめは?

 

おすすめは、3位にランクインしているeMAXIS Slim国内株式(TOPIX)です。

投信ブロガーが選ぶ2019年のFund of the Yearにも選ばれた投信です。

日本株式のインデックスファンドで、コストが業界最安値です!1位のフィデリティ・日本成長株・ファンドと比較しても、大きな差はないので、コストの安いeMAXIS Slim国内株式(TOPIX)の方がベターです。(運用管理費用:フィデリティ日本成長株ファンド→1.683%、eMAXIS Slim国内株式TOPIX→0.154%

 

eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)は様々なネット証券会社等で買えるので、少額からでもやってみることをおすすめします!

【「eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)」に興味ある方はこちら】
海外は怖いから”日本”に投資したい‼︎「eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)」紹介

 

1番手軽なのは、LINE証券ですのでご都合の良い時に始めてみてください。口座開設がまだの方は記事を貼っておきますので、記事を参考にすると良いです。

 

以上です!

今回もお忙しい中、最後まで読んでいただきありがとうございました!

参考になれば幸いです。よろしくお願い致します!