【ややゴリ押し】老後2,000万円問題について現役銀行員が超簡単に解説してみた

 

こんな疑問にお答えします
「老後2,000万円問題ってそもそもなに⁉︎」

「どうやったら2,000万円も貯められるんだろう。」

「いろんな記事を見たきたけど、イマイチパッとしない。」

「何かあるかな。ヒントを見つけたい。」

 

本記事の内容
1.老後2,000万円問題とは

2.老後2,000万円の貯め方

→方法①:強制的に貯金

→方法②:月々の支出の見直し

→方法③:投資

 

本記事の信頼性

 

では、見ていきましょう。

 

1.老後2,000万円問題とは

(写真:freeangle/PIXTA)

★ポイント★
65歳の時点で夫婦で2000万円準備する。(あらゆる条件を排除し、超簡略化して解説)

 

参考までに下記をご覧ください。

老後2,000万円問題に関する報告書

約50ページもあるので、長いです。

書いてある内容も専門的なこともあり、難しい部分もありますので参考までに。

 

 

2.老後2,000万円の貯め方

(写真: Shutterstock.com)

 

★結論★
月に5万円貯金してください。

 

【あなたが”30歳”と仮定します】

Q:65歳の時に2,000万円準備するということを考えると…

5万円/月×12ヵ月=60万円/年(→1年で貯められる額)

②60万円×35年(65歳時点)=2100万円(→65歳で貯まっている額)

A:単純計算で月5万円です。

 

とはいってもこれから様々なライフイベントがあります。

『結婚』

 

『子育て』

 

『教育費』

 

『住宅購入』

 

『介護』

 

など…

これらがなくてもただでさえ貯金する余裕がない人はたくさんいるのではないでしょうか。

 

 

方法①:強制的に貯金

(写真:Africa Studio/Shutterstock)

★ポイント★
強制的に貯金しましょう。

 

誰にでも一つ生活費専用の口座があると思います。
そこにお金が入らないようにするのです。

 

手取りで月20万円給料があるのであれば、そこに15万円しか入らないようにするのです。

 

もしくは、定期預金の口座を開設してそこに振替しましょう。

 

もしくは、口座から引き出し、現金を貯金箱に入れましょう。

(写真:アフロ)

 

とにかく、通帳に残高を載せないことが大事です

 

私もこの方法で支出を抑えました。

 

通帳にお金があるから使うのです。

 

心に余裕があるから使うのです。

 

自分自身の脳や心に余裕を与えなくするのです。

(写真:PIXTA)

 

 

 

方法②:月々の支出の見直し

 

★ポイント★
特に、保険と携帯の料金です。(月々に様々な支出があると思いますが)

 

 

保険は貯蓄性のあるものでしたら強制的につみたてされているのでOKです。

(写真:Graphs/PIXTA)

 

しかし、掛け捨てタイプ(医療保険などの月2,000〜3,000円のような保険)はやめましょう。

 

ハッキリ言って無駄です。

 

家族や友人、会社の上司や金融機関などから、

「保険はお守りだよ」

「みんな入ってるよ」

「入らないのは常識的におかしいよ」

と一度言われたことがある人がほとんどだと思います。

実際に私も言われました。

 

結論、絶対にいらないです。

 

保険の見直しをするだけで…
かる〜く、月2000円〜3000円は浮きます。(人によっては1万円浮く人もいます)

 

 

方法③:投資

★ポイント★
A:貯金したお金は投資しましょう。

 

みんなの考え
「投資は怖い」

「リスクがあるものはイヤだ」

「減ったらせっかく貯金したのに損するじゃないか」

 

しかし、どうでしょう。

そのまま貯金箱に入れたり定期預金でただ貯金することもリスク”です。

簡単に言うと…
・貯金箱の場合 現在:50,000円→1年後:50,000円

・投資した場合 現在:50,000円→1年後:51,000円(もちろん49,000円の場合もある)

 

Q:つみたて投資のメリットは?
A-1:35年間も貯金する必要がなくなる。

A-2:月5万円も貯金する必要がなくなる。

つみたてのリスクや勝率については別記事で話します。

つみたては極めて有効な投資の手法です。

 

今回は以上です。

ありがとうございました!